FC2ブログ

みゅみゅずはうす

色々なものが集まる多目的ブログを目指します。毎日1記事更新。

【レビュー・考察】ひぐらしのなく頃に 業 -鬼騙し編- 第4話【鬼騙し編のタイムチャート作りました】

富竹が時報にならないだけで話題になる「鬼騙し編」其の四。
今回から考察も交えてやっていこー。



みゅみゅ

今回は記事が長いです。ごめんちゃい。




Y.CB

上手く騙されていますなぁ。



目次

1. 第4話の感想
2. 鬼騙し編タイムチャート
3. 鬼騙し編全体の考察
4. OP、EDで気になったところ
5. 綿騙し編(第5話)は?

1. 第4話の感想

物語、一気に進みましたね。

風邪を引いた圭一が診療所に行くも、山狗(と思わしき人達)が改装中とのことで追い返される。

その後学校に向かい、梨花ちゃんに「レナが怖い」と打ち明け帰宅。
両親が東京に出かけているので、レナが家に来て夕食を作るとのことでやってくる。

厄介ピンポンからの扉強打をするレナへの疑念が晴れない圭一、
しかし、レナを信じて家に迎え入れるが……。

Nice boat.
構図がどう観ても例のアレSchool Days。

包丁を持つレナに滅多刺しにされる圭一、
目覚まし時計でレナの頭を叩き反撃し、相打ちになる……?

圭一が病室で目覚めると、レナ死亡、梨花ちゃんと沙都子が同じ凶器で殺されていると魅音に告げられる。

そして最後は看護婦(多分山狗のスパイ)に圭一がH173(雛見沢症候群の研究で作られた、L3以上の人間を急性発症させる薬)を投与され、死亡?

ところで最後の圭一と魅音の会話は、何日の話なんだろう。

  • 「圭ちゃんお久しぶり~ 何年ぶりだっけ?」
  • 「2日ってことはないな」

というやりとりがあったので、最低でも26日以降……という感じでしょうか。

しかし、最初の選択肢間違えてバッドエンドになった感がすごいな……。
おはぎの針なんてなかったんや!!

2. 鬼騙し編タイムチャート

鬼騙し編のタイムチャートを作ってみました。
間違いがあったら適宜修正しようと思います。

6月10日

  • 圭一が雛見沢に戻る
  • レナ待ち合わせ 学校へ(圭一は既に部活に入部している)

6月12日

  • 圭一がレナ、魅音と雛見沢ピクニック
  • 古手神社境内で部活メンバーとお弁当

夕方
  • ダム工事現場にて宝探し 週刊誌を拾う

6月13日

  • 部活で宝探しゲーム
  • 圭一「KOOLになれ」

夕方
  • 魅音と帰り道でダム戦争の話を聞く
  • 圭一「殺人……」魅音「なかった」

6月14日

雨が降る(それ以外描写なし)
この日以降、レナの様子がおかしいような描写が出てくる

6月15日

夕方
  • ダム工事現場でケンタくん人形救出作戦
  • 富竹と登場「嫌な事件だったね……」

  • 週刊誌を拾い、バラバラ殺人があったことを知る
  • レナ、鉈を持ってきて圭一に振りかざそうとする(?)
  • 遠くで見つめる2人を梨花

6月16日

  • 体育の授業で部活 ゾンビ鬼

夕方
  • ケンタくん人形救出作戦(2日目)
  • 木材を壊す圭一が、レナをバットで滅多刺しする記憶(鬼隠し編の記憶?)を思い出す
  • ケンタくんを救出した後レナ意味深な表情

  • レナの家まで運ぶ?(描写はなし)

6月17日

  • 梨花、職員室に呼ばれる
  • 帰り道 富竹と再会

6月18日

描写なし

6月19日

  • 綿流し祭
  • 富竹の頭を撫でる梨花
  • 梨花の演舞
  • 綿流しの後、圭一が富竹と鷹野の会話しているところを目撃(それを影から睨むレナ)

6月20日

  • 圭一が学校で大石と会話 富竹と鷹野が失踪したことを知る
  • 鷹野の車も、富竹の自転車もそのままの状態
  • 部活 犯人当てゲーム

  • 圭一が週刊誌を読む

6月21日

  • 教室で魅音とレナの会話を盗み聞き「鬼隠しに遭った……?」

夕方
  • 圭一、帰り道に大石と遭遇し、エンジェルモートで鬼隠しの話を聞く

6月22日

夕方
  • レナに大石との事を聞き返され「嘘だッ!」

  • 大石から電話 レナのことについて知る
  • レナが訪問していた事を父親から聞く

6月23日

  • 圭一入江診療所に行くが、改装中で追い返される。
  • 学校で梨花と会話。圭一「レナが怖い」

夕方
  • 圭一帰宅 両親が東京に出かけているため、レナが夕食を作りに来る
  • レナがコンビニで圭一が豚骨生姜味のカップラーメンを買っていることを知っている

夜(20時24分)
  • 圭一レナ 戦闘終了

6月24日

時間不明
  • 梨花、沙都子が神社の境内にある家で、首を何度も刺され死亡。(凶器の包丁は同じ)

6月25日(以降?)

  • 圭一目を覚ます。両親、大石さんがお見舞いにやってくる。

6月26日(以降?)

  • 魅音がお見舞いにやってくる。
  • レナ、梨花、沙都子の死を知る。
  • 看護師「首は痒くないか?」
  • 圭一首を掻き発狂。(死亡?)

鬼騙し編終了(?)

3. 鬼騙し編全体の考察

結論から言うと、鬼騙し編は圭一視点では鬼隠し編と同様の流れで進んでいるように見えるが、
裏では罪滅し編で起きるイベントが進行していて、
圭一レナ共にL5に発症してしまうカケラ。
なのではないかと思います。

それに加えて、今までにない未知の要素が絡んで来ている可能性がある。

ただ、ちゃんと犯人(黒幕)は鬼騙し編で出てきた登場人物にいるのだろう。

とにかく鬼隠し編と比べて本来起きるイベントが前倒しで進んでいる。
他にも、富竹が死亡ではなく失踪になっていたり、今までにない出来事が起きている。

羽入が、「既に残り香でしかない」という状態なので、「ごめんなさい」も足尾もない。
なので、今までのように神様のような超常現象が影響はしない。

ルールXYZも存在しないか、何かルールが異なる可能性がある。

引用:ひぐらしWiki 罪滅し編
ルールX…梨花の仲間の暴走による殺人。
ルールY…強い意志と目的をもって行われる梨花の死。梨花のみならず雛見沢を滅ぼす「悪魔のシナリオ」
ルールZ…雛見沢を覆っている、惨劇を容認する雰囲気。最も古く錆付いた錠前。

23日にレナが凶器を持って圭一宅にやってきた時、「父さんを守らなくちゃ、私が家を守らなくちゃ」という台詞がある。

雨が降っただけの描写だった14日に、鉄平がレナ宅にやってきて父親を暴行、
レナが鉄平を殺害してダム工事現場に死体を放棄した可能性は高い。

レナとの戦闘だが、Twitterでも言われていたとおり圭一の日大タックル以降は虚構の可能性が高い。根拠は以下の通り。

  • 何度も腹刺されまくって、時計で反撃出来ているのは不自然
  • レナとのひデブ戦闘後、血溜まりで涙を流す圭一
  • 目覚めた後何故か首にプロテクターが付いているが、首に怪我はしていなかったはず
  • ベッドで見えていないだけだと思うが、首から下の怪我の様子が全くわからない(魅音との会話中では体がほぼ完治しているようにも見える)

現実では襲いかかってきたレナの姿と、レナをタックルで殺してしまい、
雛見沢症候群が急性発症してしまったのだろうか。

他にもこういうことも考えられる。
魅音が、「レナは助からなかった」と話しているが、圭一との戦闘後の時点では、レナは死んでいないおらず、その後に梨花、沙都子を暴走したレナが殺して回り、その後自らの首を掻き毟って死んだ可能性。

梨花、沙都子が死んだことを話す時の最初の言葉が「レナがあんなことになった次の日……」となっている。

少なくとも魅音はレナがどうなったかを知っている可能性が高く、
園崎家の次期当主なのでオヤシロさまの祟りについてもある程度の事情を知っている。

レナがおかしくなってしまったことを承知の上で、
レナのことをかばって圭一に梨花、沙都子が他殺か自殺としか言わなかったのではないか。

鷹野によるルールYでの梨花殺しがないと仮定すると、
圭一を刺し、梨花、沙都子を殺した実行犯はレナである可能性はある。

根拠は、今回の鬼騙し編、鬼隠し編でミスリードだった部分が妄想ではなく現実ではないかというシーンがレナに特に多かった。

15日の夜、圭一のもとから離れたレナが鉈を持ってきて圭一に振りかざそうとするシーンや、
22日の夕方、「嘘だッ!」の後のシーン。

15日の方は、麦茶を持ってくるといって離れたはずなのに、持ってきたものが鉈だけであること、
22日の方は、「嘘だッ!」の後に、「人ってどれだけ幸せになるために努力が必要なのかな」「圭一くんに隠し事があるように、レナにだって隠し事がある」と続くのだが、
原作鬼隠し編では前者のセリフは無く、後者はレナ“達”が正しい。
レナだけに、何か隠したいことがあるハッキリとしたセリフのように見える。

どちらも本来の鬼隠し編では、圭一がレナに怯えた疑心暗鬼からくるものだったが、
今回は、状況から見ても現実のように見える。

そういうところが、今回の鬼騙し編なのかなぁと自分は考察しました。



みゅみゅ

ひぐらしのなく頃に祭では、H173の改良型、H173-2という空気中に散布することで急性発症を誘発させるバイオ兵器も存在している。

いやこれは使われてないだろう。多分。


4. OP、EDで気になったところ

OP

  • 大人沙都子?(美代子?)っぽい人がいる
  • 大人羽入(フェザリーヌ)っぽい人がいる

ED

  • ED最初の、部活メンバーが自転車で走る姿は賽殺し編の最初を想起させる
  • レナの父親が酒に溺れている(原因は本来であれば罪滅し編で明らかになる)
  • 17日のカレンダーの次が22日に戻る
  • 圭一がバットで殴り倒しているのは鉄平なのか?
  • 最初と最後のカレンダー、22日で止まっている(22日以降が存在しない)

やたらと22日を強調しているが、
22日にあったイベントといえば以下の通り。

  • 鬼隠し:レナが「嘘だッ!」と言い放った日
  • 綿流し:圭一と詩音の電話をした日
  • 祟殺し:大災害の日
  • 目明し:魅音を井戸に突き落とした日
  • 罪滅し:圭一とレナが電話した日
  • 皆殺し:原作「私の死ぬ日」 夜に大石と熊谷が山狗に射殺される

22日は惨劇が確定してしまう日を表しているのだろうか。
(罪滅しがなんか違う気がする……。)

5. 綿騙し編(第5話)は?

こうして鬼隠し編と比べてみると大きな違いがあった鬼騙し編。

となると、綿騙し編では魅音と詩音が入れ替わっておらず、
今までに一度もなかった魅音のL5発症もあり得るかもしれません。
(ちょっとやだな……)

それどころか、悟史降臨も考えられる。
いやー、楽しみだ!!

この令和の時代になって、ひぐらし本来の楽しみ方が出来るとは思いもしませんでした。
ありがとうスタッフ、ありがとう竜ちゃん。

次回も楽しみです。



みゅみゅ

自分って……やっぱりひぐらし好きなんだわ。




Y.CB

いいことだ。



関連記事
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しております。
バナークリックで応援いただけますと、励みになります。
↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
全般ランキング

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://myumyu5237.blog.fc2.com/tb.php/178-ab24044e
← 人の仮面しか見えなくなる刻(とき) → 【制作コラム】令和の時代では喜ばれないシナリオの特徴