FC2ブログ

みゅみゅずはうす

色々なものが集まる多目的ブログを目指します。毎日1記事更新。

【制作】「ゆゆとなく」反省会場

「ゆゆとなく」の公開からはや1年。
賞味期限もとっくに切れたかと思うので、今回は反省会です。

yuyu3.jpg




みゅみゅ

1年経つのがはやすぎる




Y.CB

それ、毎年言ってない?



目次

1. 「Revive Noah -Levolution-」の試験作だった
2. ノベルとしての自己評価
3. つづく……のか?

1.「Revive Noah -Levolution-」の試験作だった

この作品は、現在制作中のノベルゲーム
「Revive Noah -Levolution-」の試験作として作られたものです。

【試験内容】
  • 当時描いたキャラクターの絵をゲームに落とし込む
  • 自作メッセージのUIのテスト
  • スマホ対応のテスト
  • ティラノスクリプトのサーバーアップテスト

これらは現在も問題なく動作しているあたり、
概ねクリアと言った感じです。



みゅみゅ

単純に、いつまで経っても完成のメドがつかない「Revive Noah -Levolution-」の

クッション作という意味合いもありました。


2. ノベルとしての自己評価

結論から言うと100点満点中、30点くらいですかね。
その理由をごちゃごちゃと述べさせていただきます。

①シナリオ…ある意味、究極の身内ネタ

yuyu2.jpg

物語は、主人公の「輕色 淡(けいしき あわし)」が、改名手続きを済ませて、
役所の受付で待っていたカメのアンドロイド「カメラ ver.2.3」
合流するところから始まります。
そして、その帰り道でカメラが淡に改名した感想を聞くだけのお話。

yuyu4.jpg


普通の人にとっては、まあ「なんじゃこりゃ?」と言った所でしょうか。
もうちょっと、ある程度のネタばらしをした状態でこの作品を公開したほうが
良かったかなーと思っています。

ただ、ゲーム内でも話していますが「日常会話をシナリオに落とし込む」ことには、
ある程度うまく行ったかなーと感じるので+10点



Y.CB

なんというか、知らない人のブログを読んだ気分。推敲は何度も行ったので、

「質」だけ見れば「アリ」な話でした



②ビジュアル、UI…まあ水準レベル

Photoshopで画像の編集・加工ができるようになったこと、
ひよっこレベルだがキャラクターの絵がかけるようになったことで、
水準クラスのクオリティにはなったかなと思います。

ただ、水準クラスと言っても2003~05年のノベルゲーレベルなので+15点
背景実写の雑な加工が許されるのは15年前まで。

yuyu5.jpg
まあこれよりはマシ。

③システム…何故この機能がない!?

メッセージのログや早送り機能などは今回実装しませんでした。

これらは、当時「遅くても10分で読めるものにそんな機能いらなくない?」
で片付けてしまったのですが、いざ今回の記事を書くためにプレーし直したら、
やっぱり欲しいなと思ってしまいました。

せいぜい標準機能が用意されていただけなので、+5点

3. つづく……のか?

作者から30点通告を受けた「ゆゆとなく」。
続きは作るのだろうか? と聞かれたら、




みゅみゅ

需要があれば

という感じです。

Revive Noahのクリア後要素に「ゆゆとなく」コーナーを
設けるくらいにはありかもしれない。

ただし、続けば……ね。

yuyu6.jpg





みゅみゅ

吹き出し機能を復活させました。
Qpronicle Column?知らない子ですね。




Y.CB

流行りに乗っかっていくスタイル。
嫌いじゃないです。


この記事をみて「ゆゆとなく」が気になったらぜひプレーしてみてください。

「ゆゆとなく」をプレイ



関連記事
スポンサーサイト



ブログランキングに参加しております。
バナークリックで応援いただけますと、励みになります。
↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
全般ランキング

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://myumyu5237.blog.fc2.com/tb.php/135-8da9b167
← 【懐ヵ知識】「キリ番」という文化をネット老人が語る → 【レビュー】ひぐらしのなく頃に 命をやってみた【プリコネと比較】